le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中美術館  Chi chu Art Museum

Posted by Yuko Furukawa on

12_20160413100835dc5.jpg



地中美術館は、

クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームス・タレルの作品を

安藤忠雄設計の建築に恒久設置してある美術館.





11_20160413100833dcd.jpg





美術館の入口までの地中の庭を通ると

可憐な草花たちが迎え入れてくれます。



IMG_2839.jpg




モネの世界は既に

ここから はじまっているのかも♪




IMG_2841.jpg




B2Fでは,その

クロード・モネの絵画5点を

自然光の下で鑑賞することができます。

空間全体の雰囲気がオランジュリー美術館(写真下)に、とてもよく似ていて

自然光にこだわるのはやはり

時とともにに変わりゆく光までが

作品の一部なのでしょうね。




IMG_8132a.jpg





そして、ウォルター・デ・マリアの作品

「タイム/タイムレス/ノータイム」は

前情報を入れずに、行って見てほしいです。

頭で考える・・というより

感じたものを大切に

どの作品も、そうなのでしょうけれど

特にそう感じる作品でした。

なので画像も無っしんぐ(*´∇`*)




27_20160413085217d8d.jpg



最後に

ヒカリそのものをアートとして提示する

ジェームス・タレル




a99a047e.jpg
                                         (ジェームス・タレルHPより)



写真は、オープン・フィールドという作品。

とにかく驚きの連続で

自分の視点が、いかに曖昧かということに

気付かされます。

同じ作家の作品、本村の家プロジェクト「南寺」と同じ

体験型のアートです。

彼の世界に、すっかり魅了されてしまいました。




26_201604130852151c0.jpg

                                               (地中美術館HPより)


そしてこの建物自体が

緑と海と大地に囲まれ

何ともいえない共存のカタチと

良い意味で既成概念を壊してくれる

地中美術館なのでした。






IMG_2819a.jpg

スポンサーサイト

李禹煥美術館 - 直島

Posted by Yuko Furukawa on

18_20160413085134743.jpg


柱の広場        「関係項-点線面」



李禹煥と建築家・安藤忠雄のコラボレーションによる美術館

李禹煥美術館(リーウーファン)美術館



17_20160413085133985.jpg


「関係項-対話」



こちらは

石と鉄板という異質の素材が出会い

はじめから終わりまで

向き合っています。






16_20160413085131bfe.jpg





館内は撮影NGなので作品名で言えば


照応の広場

「関係項-合図」

出会いの間

小間
「対話」
沈黙の間
影の間
 瞑想の間

となっている。

19_20160413085136632.jpg

「関係項-休息または巨人の杖」




石と鉄板が対峙している様子は

まるで人と人との関係のようでもあり



その時の自分の心を映しだしてしまう

鏡のようでもありました。




瀬戸内国際芸術祭 in 直島 ・・・ 護王神社

Posted by Yuko Furukawa on






直島、本村にある家プロジェクトのひとつ

護王神社 アプロプリエイトプロポーション





2_2016041308494200a.jpg






本殿のガラスの階段は地下の石室に続いている。





4_20160413084938658.jpg





人一人ようやく入れる

細くて暗い道をゆくと地下の石室へ

なんだか息苦しいような怖いような

それはまるで自分の内面に向かい

暗中模索しているような感覚。




3_2016041308494354e.jpg





帰り道は、光に向かって開けてくるように感じました。


天領上下ひなまつり

Posted by Yuko Furukawa on







天領上下ひなまつり

府中市上下町の白壁の町並みにて開催

土日には、普段公開されていない芝居小屋「翁座」も公開中。


2016年2月20日(土) ~ 2016年3月21日(月)

でこ市  3月5日(土)・6日(日)

手創り市 3月19日(土)・20日(日)



吉田路子が描く 宮澤賢治の世界

Posted by Yuko Furukawa on

「お母さん、いま帰ったよ。」






ポケットにある緑色の乗車券 

何も知らされず手にした君なのでした

どこの駅におりようか

誰かを訪ねるわけでもなく

待ち合わせた約束もない

ただ懐かしいにおい    

ただそれだけの記憶








IMG_1792co2.jpg
「億萬の蛍烏賊の火を一ぺんに、化石させて、そら中に沈めたといふ工合。」





億万の星たちの孤独  

その孤高さにあこがれる君でした

そのまばたきの瞬間に  

頬をつたい こぼれ落ちる涙

らせんに駆け巡る流星たち 

めぐりあい抱き合うことを夢見て

天上にうちあがる花火たち






IMG_2026co.jpg

「もうぢき白鳥の停車場だねえ。」





「どこまでも一緒にいこう」 

繰り返し約束をした大切なともだち

なぜかその度に知る   

哀しい別れの予感

ひとりひとりに指し示す  

黒曜石のなかの時刻表

駅の名前さえも      

みんな違うものだったから








IMG_1804co2.jpg
「からだに丁度合ふほど稼いでいるくらい、いいことはありませんな」




雪のように空から降る鳥たち 

それは透き通ったほんとうの食べ物

さようなら、さようならと呼び合う声

とどまることも叶わないまま 

地上に落ちながら消えていく言葉

チョコレート菓子のように 

せつなくほろ苦い いのちの言葉たち








IMG_1814co1.jpg
「けれどもほんたうのさいはひは一體(いったい)何だらう。」





も一度改札口にたつ君に  

せめて私も思い切り手をふろう

鉄橋のしたに眺める 窓の外の景色

命をかけて逃げる一匹のサソリさえ 

誰も助けることはできない

それは微塵の星屑の集合体

約束した尊い命のやりとり

大宇宙の終焉と永遠








11_20160305232657330.jpg




切り絵・詩 吉田路子


(題名「銀河鉄道の夜」宮澤賢治より)





吉田路子 プロフィール
 
岩手県花巻市生まれ。
呉市在住。創作切り絵作家。
宮沢賢治の心象風景 を自分自身の原風景に
重ねて表現。独特の曲線を生かした切り絵と
染め和紙の柔らかな色合いを用いた貼り絵は
ともに個性的である。
訛りを生かした賢治童話や詩の語りもライフワークとしている。














IMG_2033G.jpg




宮澤賢治の「河鉄道の夜の世界」にと、かつてあった鞆鉄道(鞆軽便鉄道)を

コラボレーションした吉田路子さんの作品です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。