le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

ありがとうございました♡

Posted by Yuko Furukawa on



vol19, 猫アートの祭典 in くわみつ 無事終了致しました。

たくさんの方に来ていただけましたこと、心より感謝申し上げます.
ご来場くださった皆様 、ご声援くださった皆様 
どうもありがとうございました✨


動画中の作品の作家さん
フレディとレイユアハンズは正木卓さん
後半 水谷満さん baLiさん あべ夏さん
マツモトマユミさん 関登志さん です♡
どうもありがとうございました。<(_ _*)>

猫アートの祭典 in くわみつ

Posted by Yuko Furukawa on




『Vol.19 猫アートの祭典 in くわみつ』開催中 ♬
 
~3月11日(日)まで ⌚ 11:00 ~ 18:00 休み 3/5(月)
 
会 場  大黒ギャラリー くわみつ (福山駅 北側)

遊びにいらしてくださいね

地中美術館  Chi chu Art Museum

Posted by Yuko Furukawa on

12_20160413100835dc5.jpg



地中美術館は、

クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームス・タレルの作品を

安藤忠雄設計の建築に恒久設置してある美術館.





11_20160413100833dcd.jpg





美術館の入口までの地中の庭を通ると

可憐な草花たちが迎え入れてくれます。



IMG_2839.jpg




モネの世界は既に

ここから はじまっているのかも♪




IMG_2841.jpg




B2Fでは,その

クロード・モネの絵画5点を

自然光の下で鑑賞することができます。

空間全体の雰囲気がオランジュリー美術館(写真下)に、とてもよく似ていて

自然光にこだわるのはやはり

時とともにに変わりゆく光までが

作品の一部なのでしょうね。




IMG_8132a.jpg





そして、ウォルター・デ・マリアの作品

「タイム/タイムレス/ノータイム」は

前情報を入れずに、行って見てほしいです。

頭で考える・・というより

感じたものを大切に

どの作品も、そうなのでしょうけれど

特にそう感じる作品でした。

なので画像も無っしんぐ(*´∇`*)




27_20160413085217d8d.jpg



最後に

ヒカリそのものをアートとして提示する

ジェームス・タレル




a99a047e.jpg
                                         (ジェームス・タレルHPより)



写真は、オープン・フィールドという作品。

とにかく驚きの連続で

自分の視点が、いかに曖昧かということに

気付かされます。

同じ作家の作品、本村の家プロジェクト「南寺」と同じ

体験型のアートです。

彼の世界に、すっかり魅了されてしまいました。




26_201604130852151c0.jpg

                                               (地中美術館HPより)


そしてこの建物自体が

緑と海と大地に囲まれ

何ともいえない共存のカタチと

良い意味で既成概念を壊してくれる

地中美術館なのでした。






IMG_2819a.jpg

李禹煥美術館 - 直島

Posted by Yuko Furukawa on

18_20160413085134743.jpg


柱の広場        「関係項-点線面」



李禹煥と建築家・安藤忠雄のコラボレーションによる美術館

李禹煥美術館(リーウーファン)美術館



17_20160413085133985.jpg


「関係項-対話」



こちらは

石と鉄板という異質の素材が出会い

はじめから終わりまで

向き合っています。






16_20160413085131bfe.jpg





館内は撮影NGなので作品名で言えば


照応の広場

「関係項-合図」

出会いの間

小間
「対話」
沈黙の間
影の間
 瞑想の間

となっている。

19_20160413085136632.jpg

「関係項-休息または巨人の杖」




石と鉄板が対峙している様子は

まるで人と人との関係のようでもあり



その時の自分の心を映しだしてしまう

鏡のようでもありました。




瀬戸内国際芸術祭 in 直島 ・・・ 護王神社

Posted by Yuko Furukawa on






直島、本村にある家プロジェクトのひとつ

護王神社 アプロプリエイトプロポーション





2_2016041308494200a.jpg






本殿のガラスの階段は地下の石室に続いている。





4_20160413084938658.jpg





人一人ようやく入れる

細くて暗い道をゆくと地下の石室へ

なんだか息苦しいような怖いような

それはまるで自分の内面に向かい

暗中模索しているような感覚。




3_2016041308494354e.jpg





帰り道は、光に向かって開けてくるように感じました。