le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHRISTMAS TIME IN BLUE

Posted by Yuko Furukawa on





CHRISTMAS TIME IN BLUE -聖なる夜に口笛吹いて ...

スポンサーサイト

One day

Posted by Yuko Furukawa on




Oneday (←上の動画が見られない方はこちらをクリックしてみてください)

素敵な曲が生まれました! 録音したばかりです。

作曲・演奏・歌はジャズピアニストでありシンガーの金野泉さんで

私は詩を担当させていただきました。

曲に合わせ詩を 引き算していきましたが、

わたしの気持ちそのままです。

良かったら聴いてください♪ 


「One day」


水色の風を
船で旅していた 

さざ波を大波に
捉えるは 心

真実は記憶どおり ?
映るは 空と海
月がふたつ
闇の中で見えたら
 
月明かりは涙をオパールに
今 光る
心の向きにしたがって
大切なのは 今


そう いつも言葉は
心に少し足りない

さざれゆく引き波を
手放すわ今

時が流れるように
景色も 変わりゆく

星 高く
淡く 消えたあとには


朝の光が未来を描くように
ひかり  たどる
心の向きにしたがって
今を生きてゆく

陽だまりの様に
気付けばそこにある
愛は ただあなたを包む
宙のように
果てしなく広がり
どこまでも繋(つな)がって


One day (いつか)


and all that counts is here and now (大切なのはこの瞬間)





Music and song Izumi Kano
words and photograph Yuko Furukawa




木陰

Posted by Yuko Furukawa on




♪ 中溝ひろみさん 「木陰」 




いつも

どこにいても

どんな時も


思い出すだけで

あたたかい気持ちになる


そんな木があります。



ありがとう


ありがとう 


わたしもいつか


水を与えられる人に なれますように。




「木陰」  歌    中溝ひろみ    作詞・作曲 角田紘之    写真     古川裕子


月に唄い奏でる

Posted by Yuko Furukawa on

見本






「月に唄い奏でる」 

9月23日(祝) 蔵コンサートvol1 のご案内です。

月とともに神秘的な世界をお楽しみくださいませ♪

曲目は

カッチーニのアヴェ・マリア

アメージング・グレース

黄金のエルサレム

ひこうき雲

月の砂漠

涙そうそう

いのちの歌  ほか





藤田意作(ピアノ・シンセサイザー作曲・音楽プロデュース)

久石譲と映画音楽を制作、ビクターJVCよりCD「ロボット カーニヴァル」リリース。森本レオのショーの音楽制作や40本以上のミュージカルを作曲。また、 神戸国際平和コンサートなどの音楽プロデュース。イスラエルにてオーケストラとシンセサイザーのための交響詩「聖なる地へ」を発表。イスラエル政府の音楽使節として、ドイツ、オランダ、ロシア、アメリカ、東京にて、コンサートを開く。イスラエル国営放送のドキュメンタリー番組では、「エルサレムを音にする作曲家」として紹介された。「彼の作品は、驚くほどイスラエルの美と精神性を表現している。芸術により、宗教、政治の壁を越えてゆく、真の文化大使である。」(I.リオール元駐日イスラエル大使)

池田尚子(ソプラノ)

京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。オペラ「蝶々夫人」「ワカヒメ」「椿姫」などの主役を務める。独・日本歌曲を得意とするほか、イスラエルの歌をイスラエルやボストンで度々公演。第19回友愛ドイツ歌曲コンクール第1位文部科学大臣奨励賞、日本R・シュトラウス協会賞、日本歌曲賞をトリプル受賞。第21回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位受賞。
現在、ノートルダム清心女子大学講師として教育に携わりながら、東京でも声楽家としてコンサート活動を展開。

賛助出演  桑田せつ子(ヴァイオリン)



そして僕は

Posted by Yuko Furukawa on

IMG_4443l.jpg







この季節になると 聴きたくなる曲のひとつが

「そして僕は、途方に暮れる」by大沢誉志幸

この詩の様な経験や思い出は、全くないけど  

冬の早朝の 張りつめた空気の様な

この曲がもつ世界が好きなのかな。

賛美歌みたいに 何度でも聴いていたい 不思議なメロディ・・。




そして僕は、途方に暮れる









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。