le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『無私の日本人』 

Posted by Yuko Furukawa on





現実社会を生きていると

時には誤解されたり不当な扱いを受けたり

誠実であることが虚しくなることもあります。

そんな中でも

信念を貫き 東北の宿場町を救った無名の英雄が、かつて日本にいました。


映画 「殿 利息でござる

この映画は磯田道史さんが古文書から書き起こした「無私の日本人」という物語で

江戸時代に本当にあったお話です。

貧しさの為に潰れそうになっている宮城の吉岡という宿場町を救うため立ち上がり

仙台藩に千両の金を貸し付け、

その利子を住民に配る仕組みを考え実行した9人の無名の町人は

評価を求めず 子々孫々までつつしみの掟を守り生きたのです。

それを当時の僧侶が書きとめ国恩記という書物に記したもの。



観る者の価値観や生き方にまで

影響を与えてくれる映画&本だと思います。


お話の中でも重要な礎にもなっている陽明学や

備前生まれの無名の学者 関一楽が書いた

「人々が善を行えば天道に叶い冥加がある」 という『冥加訓』も

とても興味深く、本来の生きるための学びについて考えさせられます。

この世の中の濁ったものを少しでも清らかなものに浄化させようと

誰からの評価も求めず名を残さず精一杯生き抜いた人々。

日本の心

今の日本を支えている確かな日本の良心がここにあるのです。









著者の磯田道史氏は、「自分の住む吉岡には、こんな話が伝わっている」と手紙を受け

その後、古文書や資料を読みながら涙を流しこの物語を書き始めたのだそうです。

その磯田氏の本のあとがきにも心打たれます。

以下 あとがきより・・・



いま東アジアを席巻しているものは、自他を峻別し、

他人と競争する社会経済のあり方である。

競争の厳しさとひきかえに「経済成長」を

やりたい人々の生き方を否定するつもりはない。

彼らにもその権利はある。


しかし、わたしには、どこかしらそれには入っていけない思いがある。

「そこに、ほんとうに、人の幸せがあるのですか」という、立ち止まりが

心のなかにあって、どうしても入ってゆけない。

この国には、それとはもっとちがった深い哲学がある。

しかも、無名のふつうの江戸人に、その哲学が宿っていた。

それがこの国に数々の奇跡をおこした。

この国にとってこわいのは、隣よりも貧しくなることではない。

ほんとうにこわいのは、本来、日本人がもっているこのきちんとした

確信が失われることである。

地球上のどこよりも、落とした財布がきちんと戻ってくるこの国。

ほんの小さなことのように思えるが、

こういうことがGDPの競争よりも、

なによりも大切なことではないかと思う。


・・・ (途中略) ・・・


穀田家十三郎たち、中根東里、太田垣蓮月

この江戸人たちがたどりついた哲学は奥深い。

彼らの生きざまを「清らかすぎて」などとは思わなかった。


・・・・・・・・・


ほんとうに大きな人間というのは、世間的に偉くならずとも金を儲けずとも、

ほんの少しでもいい、濁ったものを清らかなほうにかえる浄化の力を

宿らせた人である。この国の歴史のなかで、わたしは、そういう大きな人間を

たしかに目撃した。その確信をもって、わたしは、この本を書いた。


☆ あとがき 全文はこちら


「殿 利息でござる」


既にDVDも出ています。

少しでも多くの方に 見ていただきたい映画&小説です。



スポンサーサイト

君の名は。

Posted by Yuko Furukawa on

og_image.jpg



映画「君の名は。」を観ました。ストーリー云々より

詩のように 大自然のように  "感じる" 映画で

朝、目覚めた時 夢の中で起こったことはすべて覚えていないのに

ふとした瞬間に思い出したり 懐かしい気持ちだったり 

愛おしかったり 

理屈も次元も時間も、とび超えた 無意識の中の  

それぞれの記憶の扉をノックしてくれるような

そんな世界をめちゃめちゃ透き通った映像で魅せられた感じ。

.

「より集まって形を作り 捻じれ 絡まって、時には戻って 

 途切れ、それが組紐 それが結び それが、時間」

  というフレーズがこの映画を象徴しているよう。

.

古から大切な想いや言葉が「今」を「命」を結び

天の恵みに感謝し、自然と神を敬いともに暮していた わたしたちは現在

お祭りや神事をイベントのように理解し

いつしかその本質を見失いそうになっている。

映画の中で伝統の神事の場面、

縁日とXデーの場面への対比がそれを象徴しているようにも思えました。

精進潔斎し褻(ケ)から晴れへ、終るとまた晴れから褻に戻る。

自然の中の巨岩や木々 神聖なる山

ただの通行道と捉えるか

地球の息吹を風を感じながら歩くか。

からだと心が本質的に求めている

欲や勘定を越えたもの

それは全部自分の中に、しまいこまれている。

人は自分の中にないものは感じられないから。

常識や意識の下で眠っている自分の感性や魂の記憶

感じていながらも

まだ言葉に置き換えられずにいるものを

湧き起こしてくれる希望のような

そんな映画のように思いました。

変人のススメ

Posted by Yuko Furukawa on

361.jpg



学園に小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトを率いた、宇宙航空研究開発機構の

川口淳一郎先生が 来て下さることになり 講演をお聴きすることが出来ました。

その中でとても印象に残った言葉をまとめてみると



●失敗をすることにより、自分が無知であることを知る、無知の知


●見えるものはみな 過去のものである。


●高い塔を立ててみなければ、新たな水平線は見えてこない。


●座学は駄目。  教科書には過去のことしか書かれていない。


●技術より根性。


●やるべきことをやったら あとは神頼み 


●技術の伝承・人材の育成の 重要性 


●加点法であること


●出来ない言い訳を探すより、どうしたら出来るかを 模索すること。


これらを  踏まえて


「変人のススメ」 を強く推しておられました。


うちに約一名 これによって拍車がかかる恐れのあるものがおり 危惧されますが

ここは川口先生を信じることにいたしましょう。


また、はやぶさの持ち帰ったサンプルを研究しているの方の 楽しいエピソードや

まさかの場面で出てくる駄洒落など 軽快で とても興味深いお話でした。

お話の中でも人との出逢いや縁についても語られていましたが 

子どもたちも今日

川口さんに出逢うことが出来たことで とてもパワーをもらえたと思います。


志の高さ+ 強烈な個性 + 信念+ 情熱+ 決断力 + ユーモア = 変人 


= 真のリーダー     かな!?


いろいろ とても興味深いお話でした。


  

BEACHES

Posted by Yuko Furukawa on

a_20120525153847.jpg



東京の古くからの友人から 電話があった。

嬉しくなり ふとまた観たくなった映画が

これ 「BEACHES」 邦題は フォーエバーフレンズ

この映画もまた 十代の頃 何度も見た映画のひとつ。

生まれ育った環境や性格が真逆で

対照的な 少女2人の友情の物語。

それぞれの夢や成長 成功や挫折など・・心理描写を繊細に綴っている。

何よりもベット・ミドラーの歌が 心に響く。

彼女は 映画「ローズ」でジャニス・Jも演じてたけど

どんな曲でも 圧倒的な表現力で自分のものにしてしまう

凄い人だ。

何度聴いても感動の 歌声だ。

昔何度も観た映画だけど しばらく経って観たら

時代背景もだけど やはり見方が、かなり変っている事に気づいた。

よく だんだんと涙もろくなると言うけど 

歳を重ね 色々な経験をして記憶が増えると 

過去の自分の経験と重ね合わせ その時のことを回想したり

感情が 揺さぶられてしまうから・・・だと

もしかして

記憶は 時に人を脆くしてしまうのかな

だけれど

私たちは まだまだ

 

今を 生きている。



♪「 Wind Beneath My Wings 」 Bette Midler

HERO

Posted by Yuko Furukawa on

1_20120320144924.jpg


銀の道・・ つづきで

ゆっくりと 過ごしていましたら 「神楽が始まるよ!」

と言われ 神楽ステージに移動・・・

既に 満員御礼だったのですが なんとか補助席に座ることが出来ました。

わくわくしながら待っていたら

幕が開き

穴笠神楽団さんの 「滝夜叉姫」が、始まりました。



22_20120320144922.jpg 23_20120320144922.jpg
1111.jpg 25_20120320144943.jpg



滝夜叉姫は平将門の娘(五月姫)とされる伝説上の妖術使い。

筑波山に岩屋を築き手下を集めて女盗賊となり、悪事の限りを尽くしていた。

部六郎季武勤番中の源家宝刀庫より、宝刀「髭切丸」を妖術をもって盗み出す。



2_20120320172807.jpg



そのため主君頼光公の怒りをかい、浪々の身となった卜部季武は、

碓井太郎貞光の助成を被り、共に宝刀探索の為、諸国遍歴の旅に出る。

卜部季武、碓井貞光両名は、筑波山の岩屋へと乗り込み、

数々の妖術、太刀を使う滝夜叉姫を激闘の末倒し源家の宝刀「髭切丸」を奪い返すという物語。 



4_20120320144922.jpg



静かに 雅な篠笛が鳴り響くと同時に

五月姫 登場

艶やかな着物姿は それだけで絵になる

ものすごく綺麗



3_20120320144923.jpg



やはり 生は良いですね 迫力が違う!



3_20120320172807.jpg



いいもの 見せていただきました。

一瞬のうちの衣装チェンジ 鬼に変身するところ等々

とにかく目が離せませんでした。

そして 本当にかっこいい~!

悪者の2人なんて 

今で言うとビジュアル系ロッカーみたいな感じだったのかな?とか 

憧れ要素 満載な感じでした。



24_20120320144943.jpg


サービス精神も旺盛で 客席にも回って来て下さり

大いに盛り上がる。



1_20120320172808.jpg



「あっちに行って~!!」



26_20120320144941.jpg


ちょうど私の前の席の3歳位の男の子は神楽大好きのようで 

右手に剣 左手に扇子を持って舞いながら見ていました。

しかも 場面ごとにアイテムを 御幣に代えたり

くるくる回りだしたり いや ホント楽しませてくれました!

そう言えば 神楽の盛んな地域に住む友人の息子ちゃんも

レンジャーごっこのように 神楽ごっこで遊んでるって言ってたなぁ。

その気持ち すごくわかる。

私もうちに帰って片足で、とんとんやったり 

首を、くいっと!かっこつけてみたりしましたもの。 

そりゃ 憧れますよ 

ああ~

小さな頃から こうゆう伝統に触れられるのっていいなぁ ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。