le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十代の君と私のながい長いひとりごと

Posted by Yuko Furukawa on




いつも ありがとうございます。皆様からのあたたかいメッセージ 本当に嬉しく感謝しています。

ここのところなんとゆうか 疑問が浮上し しばらくフリーズしていました・・ 

ブログってなんだろう? 自己顕示?

って 今更ですが・・〔笑〕  そもそもの発端は

立て続けに届いたティーンエイジの女の子たちからのお手紙やお悩み相談でした。

「友だちが○ちゃんを無視しようと言う 私も外されるのは嫌! でも、どうしよう」

「本音で友だちと付き合えない 誰も信用できない・・」えとせとらえとせとら

体調を崩すほど悩んでいる子もいました。

まあ学校に行くと教室いっぱい思春期が集っているのだから 何も無いわけはないのです。

思い返してみると昔私も同じ状況の時がありました。

勇気を出して正義感を選び大きな失望感を味わったことも・でも今では むしろ感謝してる。

なぜなら私は良い心を選び ずるい方を選ばなかったという自負と

周りに流されるのではなく自分の心で決めることの大切さに 気付くことが出来たから。

それにね

意地悪されたくないから意地悪する方になっても その人の心に平和が訪れる訳じゃないもんね。

優しさって なによりも強さになります。

そんなこと言われても今ものすごく落ち込んでいて「世界は真っ暗 希望が持てない」

と君は思っているかもしれない・・・ だけど

今現在 すべてと思っている世界は(学校を卒業するまでの)ほんの小さな小さな世界なのです。

まだまだ 開けてないドアもいっぱいある。

まずは試しに学校やテレビや 周りのみんなの価値観じゃなくて自分のこころで決めてみて

世界が ぐんと広がると思います。

ただ今回彼女達と対話していて 自分も時計の針を14,5歳頃に戻してみた時ショックだったのは 

あの頃いちばん敬遠してた大人(「あなたのことは わかってるわ」的な言葉や

キレイゴト(理想論)&世間体・)に自分も ちょっとなっていた事。

結局 悩みを聞いている様で実は私の方が 教えられていることが多いです。

突っ込みどころ満載なfからだって。

彼は潔い性格なので3分前はもう過去。良くも悪くもふり返りません。w

「人にどう見られているか」ではなくいつも「自分がどうしたいか」のみ。

コレが出来そうでなかなか出来ない。だって悩みの多くは 自意識だから.

本当にその人のことを思っての行動〔言葉〕なのか 

それとも「人にどう見られたいか」という行動〔言葉〕なのか

それが 問題だ。

そこんとこをふまえて 嘘のない「ほんとうの本当」の言葉を発しようと思ったら

ちょっと身動きが取れなくなり フリーズしてしまった・・・

という訳なんです〔長っ!!〕

答えはまだまだ見つからないけれど       と、とにかく

十代のみんな!その澄んだ眼差しで ものごとを見てるからいろんな矛盾に傷ついたり迷ったり・・

でも それは 真っ直ぐな心と目を ちゃんと持ってるからだと思うの

だから大丈夫 そのままの君でいてね 考えることも案外悪いことじゃないよ。

おっと なんだかとりとめのない文章になってしまいましたが・・

みなさんの意見もぜひ お聞かせ下さいね。

長文失礼致しました 

IMG_5353z.jpg



幸せは コップの中の水のよう 

こんなにも入ってると思うか 

これだけしか入っていない と思うか      だに

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。