le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中美術館  Chi chu Art Museum

Posted by Yuko Furukawa on

12_20160413100835dc5.jpg



地中美術館は、

クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームス・タレルの作品を

安藤忠雄設計の建築に恒久設置してある美術館.





11_20160413100833dcd.jpg





美術館の入口までの地中の庭を通ると

可憐な草花たちが迎え入れてくれます。



IMG_2839.jpg




モネの世界は既に

ここから はじまっているのかも♪




IMG_2841.jpg




B2Fでは,その

クロード・モネの絵画5点を

自然光の下で鑑賞することができます。

空間全体の雰囲気がオランジュリー美術館(写真下)に、とてもよく似ていて

自然光にこだわるのはやはり

時とともにに変わりゆく光までが

作品の一部なのでしょうね。




IMG_8132a.jpg





そして、ウォルター・デ・マリアの作品

「タイム/タイムレス/ノータイム」は

前情報を入れずに、行って見てほしいです。

頭で考える・・というより

感じたものを大切に

どの作品も、そうなのでしょうけれど

特にそう感じる作品でした。

なので画像も無っしんぐ(*´∇`*)




27_20160413085217d8d.jpg



最後に

ヒカリそのものをアートとして提示する

ジェームス・タレル




a99a047e.jpg
                                         (ジェームス・タレルHPより)



写真は、オープン・フィールドという作品。

とにかく驚きの連続で

自分の視点が、いかに曖昧かということに

気付かされます。

同じ作家の作品、本村の家プロジェクト「南寺」と同じ

体験型のアートです。

彼の世界に、すっかり魅了されてしまいました。




26_201604130852151c0.jpg

                                               (地中美術館HPより)


そしてこの建物自体が

緑と海と大地に囲まれ

何ともいえない共存のカタチと

良い意味で既成概念を壊してくれる

地中美術館なのでした。






IMG_2819a.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。