le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘露の法雨  ①

Posted by Yuko Furukawa on

IMG_7487AA.jpg
                                              京都 建仁寺 甘露庭の甘茶


過日、今は亡き小母様の家のものを業者さんが

廃棄処分するということで 立ち会っていた時

なんとなく開けた箪笥の引き出しに入っていた

「甘露の法雨」

パラパラめくると哲学的な詩のような

美しく壮大なメッセージが記されている。

これは処分してはいけないでしょー。

近くにいた友人に「これ何だろう?」と聞いたら

「宗教っぽいね」と一言。

確かに、昭和6年・・神示とある。



わたしは禅の世界も、聖書も好きだし 

家には神棚もご先祖様も祀って在る。

物心つく前から 

節目節目にお宮参りに行き

お寺に行き、お墓参りしてきたけど

そのルーツだったり

いにしえから残っている有り難い教えを

ただ純粋に見たり聴いたりして

自分なりに解釈したいのでする。


団体ってなると

それぞれの受取り方や方針の違いで

全く別のカタチになってしまうこともある

けれどそれと

もともとの想いや思想とは また別物だと思うから。



ただただ ボーダレスに

宇宙から目線で見ていたいな。




IMG_7206AA.jpg




汝(なんじ)ら天地一切のものと和解せよ。

天地一切のものと和解が成立するとき

天地一切のものは汝の味方である。

天地一切のものが汝の味方となるとき

天地の万物何物も汝を害することはできぬ。




汝が何者かに傷つけられたり、黴菌や悪霊に犯されたりするのは

汝が天地一切のものと和解していない証拠であるから省みて和解せよ。




われ嘗(かつ)て神の祭壇の前に供え物を献(ささ)ぐるとき

先ず汝の兄弟と和せよと教えたのはこの意味である。

汝らの兄弟のうち最も大なる者は汝らの父母である。

神に感謝しても父母に感謝しえない者は神の心にかなわぬ。

天地万物と和解せよとは 天地万物に感謝せよとの意味である。

本当の和解は互いに怺え合ったり、我慢し合ったりするのでは得られぬ。




怺(こら)えたり我慢しているのでは心の奥底で和解していぬ。

感謝し合ったとき本当の和解が成立する。

神に感謝しても天地万物に感謝せぬものは天地万物と和解が成立せぬ。

争いの念波は神の救いの念波を能(よ)う受けぬ。

皇恩に感謝せよ。汝の父母に感謝せよ。

汝の夫又は妻に感謝せよ。汝の召使に感謝せよ。

一切の人々に感謝せよ。

天地の万物(すべてのもの)に感謝せよ。

その感謝の念の中(うち)にこそ汝はわが姿を見、わが救いを受けるであろう。

われは全ての総てであるからすべてと和解したものの中にのみわれはいる。

われは此処(ここ)に見よ、彼処(かしこ)に見よと云うが如くにはいないのである。

だからわれは霊媒には憑(かか)らぬ。

神を霊媒に招(よ)んでみて神が来ると思ってはならぬ。

われを招(よ)ばんとすれば天地すべてのものと和解してわれを招(よ)べ。

われは愛であるから

汝(なんじ)が天地すべてのものと和解したとき其処にわれは顕(あらわ)れる。

                                  
昭和六年九月二十六日夜神示
                                             
                           (谷口雅春 甘露の法雨より)


IMG_8152AAA.jpg




これは、小母様からの伝言なのかもしれない♪








※甘露の法雨とは・・・

観音経の中に、観世音菩薩が「甘露の法雨(かんろのほうう)をそそぎ給いて
煩悩の炎を滅除し給う」と書かれてある。
「甘露の法雨」と言っても、物質の雨ではなく、「法雨」即ち「真理の雨」



                                   
甘露の法雨 ②  


スポンサーサイト

甘露の法雨   ②

Posted by Yuko Furukawa on

 
2_20160629113150c43.jpg 



『心』はすべての造り主

『心』は宇宙に満つる実質

『心』こそ『全能』の神にして遍在したまう


この全能なる神 完全なる神の

『心』動き出でてコトバとなれば

一切の現象展開して万物成る

万物はこれ神の心

万物はこれ神のコトバ

すべてはこれ霊

すべてはこれ心




物質にて成るもの一つもなし

物質はただ心の影

影を見て実在と見るものはこれ迷

汝ら心して迷に捉わるること勿れ


汝ら『実在』は永遠にして滅ぶることなし

『迷』は須臾(しゅゆ)にして忽(たちま)ち破摧す

『実在』は自在にして苦悩なし

『迷』は捉われの相にして苦患多し




『実在』は真理

『迷』は仮相

実在は五官を超越し

第六感さえも超越して

人々の感覚に映ずることなし





(  谷口雅春   聖経 「甘露の法雨」  より )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。