le ciel clair   

毎日は 小さな奇跡の連続です

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit ♪ 

スポンサーサイト

Posted by Yuko Furukawa on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『無私の日本人』 

Posted by Yuko Furukawa on





現実社会を生きていると

時には誤解されたり不当な扱いを受けたり

誠実であることが虚しくなることもあります。

そんな中でも

信念を貫き 東北の宿場町を救った無名の英雄が、かつて日本にいました。


映画 「殿 利息でござる

この映画は磯田道史さんが古文書から書き起こした「無私の日本人」という物語で

江戸時代に本当にあったお話です。

貧しさの為に潰れそうになっている宮城の吉岡という宿場町を救うため立ち上がり

仙台藩に千両の金を貸し付け、

その利子を住民に配る仕組みを考え実行した9人の無名の町人は

評価を求めず 子々孫々までつつしみの掟を守り生きたのです。

それを当時の僧侶が書きとめ国恩記という書物に記したもの。



観る者の価値観や生き方にまで

影響を与えてくれる映画&本だと思います。


お話の中でも重要な礎にもなっている陽明学や

備前生まれの無名の学者 関一楽が書いた

「人々が善を行えば天道に叶い冥加がある」 という『冥加訓』も

とても興味深く、本来の生きるための学びについて考えさせられます。

この世の中の濁ったものを少しでも清らかなものに浄化させようと

誰からの評価も求めず名を残さず精一杯生き抜いた人々。

日本の心

今の日本を支えている確かな日本の良心がここにあるのです。









著者の磯田道史氏は、「自分の住む吉岡には、こんな話が伝わっている」と手紙を受け

その後、古文書や資料を読みながら涙を流しこの物語を書き始めたのだそうです。

その磯田氏の本のあとがきにも心打たれます。

以下 あとがきより・・・



いま東アジアを席巻しているものは、自他を峻別し、

他人と競争する社会経済のあり方である。

競争の厳しさとひきかえに「経済成長」を

やりたい人々の生き方を否定するつもりはない。

彼らにもその権利はある。


しかし、わたしには、どこかしらそれには入っていけない思いがある。

「そこに、ほんとうに、人の幸せがあるのですか」という、立ち止まりが

心のなかにあって、どうしても入ってゆけない。

この国には、それとはもっとちがった深い哲学がある。

しかも、無名のふつうの江戸人に、その哲学が宿っていた。

それがこの国に数々の奇跡をおこした。

この国にとってこわいのは、隣よりも貧しくなることではない。

ほんとうにこわいのは、本来、日本人がもっているこのきちんとした

確信が失われることである。

地球上のどこよりも、落とした財布がきちんと戻ってくるこの国。

ほんの小さなことのように思えるが、

こういうことがGDPの競争よりも、

なによりも大切なことではないかと思う。


・・・ (途中略) ・・・


穀田家十三郎たち、中根東里、太田垣蓮月

この江戸人たちがたどりついた哲学は奥深い。

彼らの生きざまを「清らかすぎて」などとは思わなかった。


・・・・・・・・・


ほんとうに大きな人間というのは、世間的に偉くならずとも金を儲けずとも、

ほんの少しでもいい、濁ったものを清らかなほうにかえる浄化の力を

宿らせた人である。この国の歴史のなかで、わたしは、そういう大きな人間を

たしかに目撃した。その確信をもって、わたしは、この本を書いた。


☆ あとがき 全文はこちら


「殿 利息でござる」


既にDVDも出ています。

少しでも多くの方に 見ていただきたい映画&小説です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。